【日本薬師堂だけの安心】薬剤師に無料でご相談いただけます!

日本薬師堂

0120-894-894

【注文・お問い合わせ】受付時間/8:00〜21:00(年中無休)
【健康相談室】受付時間/9:00〜17:00(平日のみ)

  • 商品点数:0 点
  • 合計金額:0 円

日本薬師堂

ログイン
カートを見る

コンドロイチンの働きについて

関節痛に効き、グルコンEX錠プラスにも入っている「コンドロイチン」。私たちの体内で、実際にどのような働きをするのでしょうか。関節への効果や補充の仕方などについてご説明しましょう。

「コンドロイチン」= ギリシア語で「軟骨」

液状のコンドロイチン

一般に「コンドロイチン」といわれているものの多くは、「コンドロイチン硫酸」のことを指します。

コンドロイチン硫酸は、人間の体内でアミノ酸と糖が結合したグルコサミンが代謝して生成される、ムコ多糖の一種です。
コラーゲンとともに軟骨、骨、心臓弁、皮膚、角膜などの結合組織を構成しています。

コンドロイチン硫酸の「コンドロイチン」とは、ギリシア語の「軟骨」との意味で、クッションとなる弾力性や水分を保持する役割を担い、全身の関節が柔軟にスムーズに動くために、重要な働きをしています。
また、膝の関節軟骨変性によって発生する変形性膝関節症に対して、抑制作用や水分保持などの働きで膝の関節軟骨を守ると考えられているほか、関節の軟骨成分の生成を助け、すり減りを予防する効果が期待されています。

体外から補充しましょう

体内のコンドロイチンは加齢とともに自然と生産量が減少します。
その結果、関節の軟骨も減少してしまうことから、膝などの痛みや炎症を起こす原因にもなってしまいます。

そこで、体外から補充する必要がありますが、コンドロイチンが含まれる納豆や山芋、オクラなどの植物性食品、軟骨やフカヒレなどの動物性食品いずれも多量な摂取は難しいため、サプリメントなどでコンドロイチンを補充する必要があります。

体外から補充しましょう

「グルコサミン」と「コンドロイチン」、なにが違うの?

「グルコサミン」と「コンドロイチン」、なにが違うの?

グルコサミンとコンドロイチンの関係は、「部品」と「製品」に例えられます。
グルコサミンは、体内に摂取されるとムコ多糖類の構成成分として、コンドロイチンは、ヒアルロン酸と共に代表的なムコ多糖類として活躍します。
つまり、コンドロイチンなどのムコ多糖類を構成している成分がグルコサミンというわけです。このムコ多糖類は、関節や皮膚の組織を柔軟にし、水分を保持する働きをもっているため、変形性関節症に対してグルコサミンとコンドロイチン硫酸は役割分担をしているといえます。

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-27-11

0120-894-894

【注文・お問い合わせ】受付時間/8:00〜21:00(年中無休)
【健康相談室】受付時間/9:00〜17:00(平日のみ)

健康に関するお悩みや、疑問に思ったことは
薬剤師に何でもご相談ください。

0120-894-894


【お問い合わせ】受付時間/8:00〜21:00(年中無休)
【健康相談室】9:00〜17:00(平日のみ)